ミュージカルで演奏したよっ

数日前に友人からオフブロードウェイミュージカルのサブの演奏お誘い。

友人が毎週末レギュラーで演奏してるギグで、急な用事が入り変わりに一晩演奏できないかとのこと。日中は少し予定が入っていたけど、夜は空いてたのでオッケー。オッケーっていうか親死んだくらいのことない限りやるよね。ニューヨークでギター弾いてます感でるじゃん。

曲簡単だよーと言われて音源と楽譜が届いたのはギグ2日前。練習できるのはギグ前日の朝ちょっとだけ。さーてやりますかとメールで送られてきた譜面と音源をチェック。曲は全部で20曲くらいで、さすがミュージカルということもあって、曲中のテンポチェンジ極端な曲とか、なんかすごい小節数休みでカウントに必死になりそうな曲とか、特定のセルフのタイミングでギターが入る曲とか。とか。オワラナイっ!

static1.squarespace.jpg

ということで当日の日中の予定を何とか変更してもらって、当日は朝から戦闘態勢。
曲の雰囲気を掴んで、ギターのパート練習して、自分だけ理解できるであろうメモ書きして、音源と一緒に弾いて。

劇場はManhattanのAstor Placeにある老舗感が漂うTheater 80 St Marks
以前に同じ友人のサブで行った時と同じメンバーもいたので、終始和気あいあいいい感じに演奏。ショーはオーディエンスと距離間の近いライブ感のあるコメディーで余裕が少しでたインターミッションを挟んだ後半ではショーを見る余裕もできた。曲覚えるのにいっぱいいっぱいでどんなショーなのかも調べないで本番を迎えたのであった。以前のミュージカルギグでも思ったけど、譜面台と譜面台用のライトを持っていく大事!特にサブだと現場が実際どんな感じかは行ってみるまでわからないからね。

この日練習出来る日でよかった!
予定を合わせたいただいた々に感謝。

日本語ではサブの事をトラっていうことが多い。なんでトラなんだろう。

がおぉっ。

ミュージカルで演奏したよ。おじいちゃん。
いつも見守っていてくれて本当にありがとう。