Nothing like home - 菊田規浩 Quartet in じぇりこ 札幌

2017年11月30日

この日は札幌で僕のバンドのライブ。お店はじぇりこ

2014年からニューヨークで初めたリーダーバンド。僕が20代のころからいろいろ書き溜めていた曲や、その時に気に入ってるスタンダードなんかも演奏してる。

今回のメンバーは
ピアノ 本山禎朗
ベース 伊藤未央
ドラム 川合草平

 

演奏した曲

<1st Set>
October Blues – Norihiro Kikuta
Blah – Norihiro Kikuta
Edwards Ln – Norihiro Kikuta
底地ビーチ – Norihiro Kikuta
朝街冬カラス- Norihiro Kikuta
Daisy- Norihiro Kikuta
Emily

<2nd Set>
あまのじゃく- Norihiro Kikuta
Samba de Orfeu
Just Friends
So much fun – Keishi Kawauchi
いいじゃないか – Keishi Kawauchi
There will never be another you

 

 

僕の曲と、札幌出身のベーシストけーしの曲と、スタンダードを散りばめたセットリスト。

散りばめたつもりだったけど、2セット目から来たお客さんから「もっとのりの曲を聴きたかった~。」っていう声も聞こえて。バランスよくセットリストを作ろうと反省。

 

久しぶりにゆっくり過ごす冬の札幌。
朝町冬カラスとあまのじゃくは何年も前に札幌で書いた曲。
思い返せばどちらも雪が積もりに積もった冬に書いた曲。

いままでほとんど意識してこなかったけれど
札幌の冬は自分のプレイにも、曲を書くきっかけにも、たくさんのヒントをくれていた。

マスターの渋谷さんが僕たちのライブのことを書いてくれていた。
じぇりこのウェブサイトの「Room」

11/30(木)
「小話」 もう動かしちゃってるから洗濯機を開けないで次にして

[開けないでって?別に炊飯器じゃないんだからいいべさ]

ダメだべさ

メンバーからイモをいただいたり、リンゴをいただいたりで始まった、菊田規浩(g・leader)さん本山禎朗(p)さん伊藤未央(b)さん川合草平(ds)さんでした。アメリカで活動されてる菊田さんの帰郷ライブでした。タッチが優しい音で、優しいからといって低いかといえばそうではなくMCは低く二部ではMC用にマイクを用意しました 笑。そてもスムーズに入ってくる音です。あまりなじみのない曲もスタンダードも隔てなく入ってくるライブでした。お客さんたちの女子力多め感大 笑


たくさんの方に来ていただいて、お店の中はいい雰囲気。

嬉しい懐かしい再会がたくさんあって予定していた時間よりもずいぶんと長く演奏したけど

最後まで残ってくれた方はたくさんいて

渋谷さんはMCが苦手な僕にマイクを用意してくださって

メンバーとはずっと一緒に演奏に集中できて、幸せだったなぁ。

ほんとうにありがとうございました。

Nothing like home.

のり