菊田規浩
ギタリスト

1984年生まれ 札幌市出身

中学生の頃よりブルースに魅了されギターを始め、バンドを始める。
2005年に渡米。ボストン・バークリー音楽院を卒業。

これまでボストン・ニューヨークでThe Frightnrs, Top Shotta Band feat. Screechy Dan, Erin Barra and The One Hitters, Ayanna Irishなどにサイドマンとして演奏。また数々の教会やオフブロードウェイミュージカルなどへギタリストとして参加。

セルフプロデュースの2作目EP『Oporo』はニューヨーク・ブルックリンのレーベルOf Plantsからリリースされ、All About Jazz, simonsaxon.com, Az Samad Lessons など様々なメディアに取り上げられる。

ソウルフルなプレイと、聴くものに情景を思い浮かばせる自身の楽曲のコンビネーションは世界中のファンを魅了。2019年9月、雑誌「ジャズ批評」(執筆:山本弘市) に取り上げられる。

類稀なる唯一無二のギタリスト。

2020年夏、バンド初ライブアルバムのリリースを予定している。